#FenderNews / LIFE with Fender

LIFE with Fender

Vol.9 Kevin Shields(my bloody valentine)

音楽や広告など幅広く活躍するフォトグラファー中野敬久がアーティストとフェンダーの距離感を撮影、キュレーションする写真によるセッションコンテンツ。
映画 「Sing Street」の最期に映しだされたメッセージ,  “For Brothers Everywhere” 全ての時代の永遠のギターキッズへ。中野敬久

Life with Fender Vol.9
Life with Fender Vol.9
Life with Fender Vol.9
Life with Fender Vol.9
Life with Fender Vol.9
Life with Fender Vol.9
Life with Fender Vol.9
Life with Fender Vol.9
 

Player Jazzmaster® / Sage Green Metallic ¥69,300 w/o tax

 

[Artist Profile]

my bloody valentine
1984年にアイルランド・ダブリンで結成された4人組。オアシスやプライマル・スクリームらも在籍したUKのインディ・レーベル、クリエイション・レコーズより放ったEP「You Made Me Realise」(1988年)でブレイクを果たすと、同年デビュー・アルバム『Isn't Anything』をリリース。エフェクターで歪ませた轟音のギターやフィードバック・ノイズに、ポップで甘いメロディを乗せた浮遊感のあるサウンドを特徴とし、「シューゲイザー」と呼ばれる音楽ジャンルの草分け的存在としても知られる。特に、2年半もの歳月と膨大な制作費を費やしたと2ndアルバム『Loveless』(1991年)はバンドにとって初の全英アルバムチャート入りをもたらし、米ピッチフォークが選出した「1990年代のトップ100アルバム」においてレディオヘッドの『OK コンピューター』に次ぐ2位にランクインするなど、ジャンルを飛び越えた名盤として人気が高い。

1997年に解散し、メンバーはそれぞれソロやサイド・プロジェクトで活動を続けていたが、2007年に突如再結成をアナウンス。2008年にはフジ・ロック・フェスティバルで初日のヘッドライナーを務め、“You Made Me Realise”の間奏における20分以上におよんだノイズ・パート(通称ノイズ・ピット)は今なお伝説として語り継がれている。2013年には約22年ぶりのアルバム『m b v』を自主制作でリリース。同年のジャパン・ツアーでは全5公演を即完させ、フジ・ロックにも再び出演、さらに9月には東京国際フォーラムにて相対性理論をゲストに迎えたスペシャルな公演も実現した。あまりの轟音から、彼らのライヴでは入場時に耳栓が配られることが恒例となっている。
https://www.mybloodyvalentine.org


[Photographer]

中野敬久
1993年渡英。『ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティング』にて、写真、映像を学び、 スタジオで数々のアシスタントを経験した後、帰国。1999年東京にてフォトグラファーとしてのキャリアをスタート。 国内外の俳優女優、アイドル、ミュージシャン、文化人など枠に捕われないポートレート撮影で、広告、CDジャケット、雑誌など幅広い媒体で活動中。
https://www.hirohisanakano.com